むさし整骨院

NEWS&TOPICS

SHOP INFORMATION

COMPANY RECRUIT

COMPANY GUIDE

TOP > 成長痛でお困りの方

成長痛でお困りの方

成長痛でお困りの方へ

春から新学期が始まり、部活動で忙しくなる時期です。
小学生〜中学生の子たちで、膝の下に痛みが出たりしていませんか?
これはオスグットシュラッターといい、膝蓋靭帯が付着する脛骨粗面部の骨端核に炎症や裂離骨折などの骨化障害を生じる状態をいい、スポーツ活動におけるオーバーユースにより発症することが多く、成長期における急激な成長による大腿四頭筋の過緊張、および下肢のアライメント異常が大きな要因となります。

オスグッドシュラッター病などスポーツ障害の治療に特化

痛みで悩んでいる方は、我慢せずお気軽にお問い合わせ下さい。

県下複数ネットワークで最寄りの店舗より駆けつけます!

お急ぎの場合は店舗一覧より、お近くの店舗へご連絡ください!

オスグッドシュラッター

症状

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

原因と病態

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると発生します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。 この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

野球肩・野球肘

症状

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肩・肘の障害を野球肩・野球肘といいます。 投球時や投球後に肩や肘が痛くなります。肩の上がり方、肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

原因と病態

繰り返しボールを投げることによって肩や肘への負荷が過剰となることが原因です。

野球肩は肩の筋肉・関節を酷使することによって起き、野球肘は肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。

むさし整骨院の治療で痛みを和らげます。

初回時の検査とカウンセリング、そして施術の結果を踏まえ、今後どのようなステップを踏んでいけば、痛みが早く取れ、その後再発しない安定した状態を作ることができるのか、おおよその見通しをお話します。 実際に整体を受け、今後の施術プランを聞かれた時点で、もし継続して施術を受けたいと思われた際は、次回のご予約をお受けいたします。

店舗へのご連絡

最寄りの店舗へお気軽にお問い合わせください。